2016.10.31 フリースクール, 不登校関連

不登校とフリースクール

2dc1dec75a0dfb78d72dba200eac41af_s

フリースクールの役割

様々な原因から学校に通うことができなくなってしまった子どもの居場所となっているのが、フリースクールです。学校教育の枠に収まらないこどもたちの学びの場となっています。体験学習や一人ひとりの学習レベルに応じた学習を通して、子供たちが成長していきます。
以前は、不登校の子どもたちには学校へ戻ることを目的にした指導が行われていました。目的は学校に戻ること一辺倒だったのです。スパルタ式の教育を行うところで厳しい訓練を受けたりするところもありました。そんな辛い目に合うこともなく、学校以外の学びの場所としてフリースクールが誕生したのです。フリースクールの大きな特長は、その子に応じた教育をすることを目的としています。

 

どんなことをするの?

さまざまな体験をし、同じような仲間と語らい、特性に応じた形態で学習ができます。オルタナティブ・スクール(教育の隙間を埋める学校)などとも呼ばれています。
タイプはいろいろです。居場所を中心と考えるタイプは、指導内容はさまざまですが、まずは安心してすごせる場所としての機能に重点を置いています。
通っていた学校への復学を目的としたフリースクールもあります。進路を決めるためのサポートも行われています。不登校の原因に発達障害などがある場合、しっかりとした専門家による学習指導などを行うところもあります。
コミュニケーションや社会生活を送るためのスキルを身につける学習も行われています。引きこもりの状態が長引いているお子さんには、スタッフが自宅を訪問し、お子さんの勉強や体験をともにするタイプのところもあります。とくに若いスタッフなどは世代も近く、斜めの関係としてお子さんと信頼関係を結べるので、安心した時間を過ごすことができます。

 

大切なこと

自宅以外の居場所をつくり、社会とつながることがお子さんの心の負担を和らげ、不安や焦りを解消します。そして、親御さんにとっても相談できる場所となり、同じような悩みを持つ親御さんと語らい、つながることで負担を減らすことができます。自宅近くではなく、通学に時間のかかる遠方のフリースクールを選ぶことで、気持ちが解放され、イキイキと学習できるようになるお子さんもいます。

お気軽にお問い合わせください

関連記事


コラム一覧ページに戻る