2016.11.30 不登校関連

不登校の子供を持つ親に見られる特徴

0dd2220c5727850376d283490f17aaa6_s

不登校の子どもを持つ親には、幾つかの共通点があります。今回は、そうした特徴のうち代表的なものをピックアップしてご紹介します。

 

1.理論的であると同時に批判的

 

筋道を立てて論理的に考えるのが好きな半面、「ここがダメ、こうすべき」といった批判的で断定的な思考が態度や表情に表れます。

子どもは絶対に学校に行かなければいけない!といった思考に支配され、なかなか子どもの気持ちを理解してあげられないタイプです。

 

頭を使わない活動を少しでもいいので増やしてみましょう。ロジカルに固まっていた思考がほぐれていくでしょう。

親が論理的・批判的な思考をゆるめただけで子供が不登校解決に向かいだすケースはたいへん多いので、だまされたと思ってやってみることをオススメします。

 

2.効率優先でせっかち

 

ムダが嫌いで、どんなことでも効率的に手早く済ませようとしますが、極端に走ってバランスが欠けると、子どもにプレッシャーを感じさせがちです。

思春期の子どもの中には、そうした親の姿勢に反発して、あえて不登校という「非効率的」な態度で反抗する子もいるでしょう。

 

親の行き過ぎたせっかちさと効率性重視の生き方が子供へのプレッシャーとなり、それによって不登校が生じているケースもたいへん多いものです。

何事もバランスが大事であって、それが行き過ぎるとまわりとの調和がはかれません。

 

3.短気でイライラしやすい

 

日常のささいなことに腹を立て、すぐにイライラする親に、子どもは悩みを打ち明けるられるでしょうか?

こうして親子のコミュニケーションが減る結果、悩みを抱えた子どもが不登校になることも少なくありません。

 

まずは、自分がどういうときにイライラしやすいか、その共通点を紙に書いてみてください。それだけでも自分自身の傾向がわかり、イライラを回避しやすくなるでしょう。

 

4.将来に大きな不安を感じている

 

将来に対する漠然とした不安が強く、不安を払拭しようと行き過ぎた努力をする人がいます。

子どもの不登校にも過剰な不安を感じ、何が何でも学校に行かせようと子どもに圧力をかけて事態を泥沼化させる危険が大きいタイプです。

不登校という状態もこどもの成長過程であると考えるようにできれば、心がスッとラクになるはずです。

不安感も幾分和らいできて、不登校という不安材料を受け入れ将来に対する見通しも持ててくるでしょう。

 

5.自分に劣等感がある

 

親御さん自身が劣等感を感じていて、それを埋め合わせるために子供に過剰な期待をかけていることがあります。

自分自身も不安や悩みを抱えているのに、さらに親の劣等感まで押し付けられた子供は潰れてしまうでしょう。

劣等感を克服する方法はいろいろとありますが、まずは「存在するだけで充分に素晴らしいこと」を理由を含めて子ども自身に説明してあげてください。

 

まとめ

 

言うまでもありませんが、不登校の改善には時間がかかります。

親の変化なしに子どもが再登校できても、いずれ不登校(または不登校に似た状態)が再発するだけです。

上辺の改善ではなく、本物の改善に至るために正しい方法で対応改善をはかりましょう!

お気軽にお問い合わせください

関連記事


コラム一覧ページに戻る